もうこりごりのクラミジア!あの時助けてくれたクラビット

MENU

クラビットの有効性

クラビットの有効性

ウイルス性のものや細菌によるものなど、世の中には数知れないほどの感染症が存在します。
それぞれの種類によって症状や、発症先などが異なりますため一概に説明することは困難な病気になってしまいます。

その中の一つとして『クラミジア』が挙げられます。
これはウイルス性の感染症で、主にパートナーとのエッチを行った際に発症する病気で自覚症状はほとんどないと言われています。
クラミジアは感染する可能性がすごく高くなっており、年々増えている傾向が見受けられます。
一回セックスをしただけで、半分の5割を占めるほどごく身近に存在する病気です。またオーラルセックスで感染しているケースもあります為挿入していないから大丈夫!という問題ではありません。

そんな感染症を治療する薬として、クラビットやジスロマックが一般的に知られている薬ではないでしょうか。
おもに中耳炎・気管支炎や肺炎などの鼻や耳などの症状に用いられることが多く他にも、ハンセン病や宮内感染など幅広いジャンルにわたって活躍している医薬品になります。
上でも説明したようなクラミジアにも抗生物質として処方されることがあり、一回の服用で抗菌の作用が1週間も持続する優れものです。
一週間ほどでほぼ完全に治るケースが高く、特効薬として幅広い用途に使用されます。

またクラビットのジェネリック医薬品として、レボフロックスも開発されており、ジェネリックですので効果や有効成分も同一のものになります。
やはり先発薬のほうが安全面は期待できますし、支持されていますが初めての入手で、あまりお金を費やしたくないという考えの方はクラビットのジェネリックでも十分の効果を期待できるでしょう。

薬となりますと副作用の心配も生じてしまいがちですし、人によっては重度の症状が起こる可能性も無くはないですが本来の効果を考慮すると十分に評価の高い薬ではないでしょうか。
感染症を引き起こさないためにもストックしておいたほうが良いでしょう。